冬の沖縄旅行はどこ行こ!

沖縄といえば夏ですが、冬に楽しむことはできる?冬におすすめの観光スポットとは? - せっかく沖縄に来たのならば、沖縄そばを食べよう

せっかく沖縄に来たのならば、沖縄そばを食べよう

せっかく沖縄に旅行しに来たのであれば、ぜひとも沖縄を代表する食べ物を食べてみたいというのは当然のことです。郷土料理として真っ先に思い付くものと言えば沖縄そばではないでしょうか。沖縄そばと本州のそばの違いで、前者は小麦粉が原料で食べ応えがあるのに対して、後者はそば粉が原料で香ばしい味わいがあります。県内に300近くの専門店があり、店ごとに味や具材のバリエーションが違いますので、ぜひとも沖縄に来た際には食べてみてください。

沖縄を代表するソウルフードの一種

沖縄そばはもともと宮廷料理として食べられていた料理なのですが、大正時代ぐらいから庶民にも食べられるようになり、現在は沖縄を代表するソウルフードとして食されています。うどんよりは細いのですが、そばよりは太いという麺で、とんこつやかつお節で撮ったスープが特徴的です。

沖縄そばと言えば具材に三枚肉とかまぼこが入っているのが代表的なのですが、三枚肉の代わりに豚のあばら肉であるソーキや豚足であるテビチが入っていることもあります。ソーキが入っている沖縄そばのことをソーキそば、テビチが入っているものをテビチそばという風に言われることもあります。

自分好みの一杯を楽しむ

沖縄そばは店ごとに違った味わいを感じることがありますが、もっとおいしく食べるために独自の調味料やトッピングを加えるという食べ方も可能です。最近では伝統的なものとは違った変わり種のものを出すような店も出てきていますので、自分好みのものを探してみるのもいいのではないでしょうか。

沖縄に来たら一度は食べてみるといい

沖縄そばは今や郷土料理を代表するくらいメジャーな食べ物です。離島を含めて県内にはたくさんの店がありますので、ぜひとも自分好みの一杯を探してみてはいかがでしょうか。

関連する記事

Copyright(C)2016 冬の沖縄旅行はどこ行こ! All Rights Reserved.